FFmpegで秒数を指定して動画を切り出すワンライナー

FFmpegで秒数を指定して動画の好きなところを切り出すワンライナー

ffmpeg -ss 120 -i src.mp4 -t 30 -c copy dst.mp4

上記の例だと 120 秒から 30 秒だけ切り出します。

つまり

ffmpeg -ss [スタート秒数] -i [元ファイル] -t [長さ] -c copy [出力ファイル]

です。

-c copy によりトランスコードせずに出力しているため爆速です。

もし開始タイミングや動画の長さがズレる場合は -c copy オプションを外してトランスコードすると良くなるかと思います。

スタート秒数、長さは指定しなければ冒頭、末尾になります。

Share Comments
comments powered by Disqus