表現力の高い Go の Error 群を go generate する go-generror を作った

連日 DDD と go generate で投稿していますが、今回は表現力と安全性の高い Error 周りを生成する go-generror を作りました。

Read more

Share Comments

DDD するのに Go でも required を表現したくて go-genconstructor を作った

go-genaccessor に続き、今度は required を表現するために constructor を生成する go-genconstructor を作りました。

Read more

Share Comments

DDD がしたいので Go の Accessor を go generate する go-genaccessor を作った

Go で DDD をやっていくため、 struct に getter setter を生やせる go-genaccessor を作りました。

Read more

Share Comments

CircleCI 2.0 で Go 1.10 の build cache をいい感じに効かせる

今更ながら CircleCI 2.0 を本格的に触りました。 CircleCI 2.0 になりキャッシュの柔軟性が向上したようなので、 Go 1.10 から導入された build cache と併せて最適化してみました。

Read more

Share Comments

Go の channel 処理パターン集

この記事は Go Advent Calendar 2017 の1日目の記事です。

Go の長所に goroutine による非同期処理がありますが、どうしても channel の取り回しで黒魔術化しがちです。少しでも闇を減らしていきたいので、 channel らへんの取り回しについてパターンをまとめました。チートシート的に使えれば嬉しいです。

Read more

Share Comments

gRPC with NLB は idle timeout に気をつけないと死ぬ

先日発表された AWS の Network Load Balancer (NLB) を gRPC で使ってみたのですが、 idle timeout 周りで盛大にミスったので知見共有です。

Read more

Share Comments

CA.go #2 で golang.org/x/sync について喋りました #ca_go

CA.go #2 - connpass にて golang.org/x/sync 以下にある4つのパッケージを用いて効率的に非同期処理をする技術についてお話しました。

Read more

Share Comments

社内勉強会で HLS と Key frame について改めて解説した

チーム全体のスキルアップのため、ネット生放送において超重要な HLS と Key frame について改めて解説してみました。

非エンジニア職を対象とした資料なのでそれなりに入門編としてわかりやすくできたんじゃないかなーと思っております。

Read more

Share Comments

良い感じにスライドを作れる Talkie をラップした talkiego を作った

ここのところ、プレゼン用スライドの制作は @ahomu さん製の Talkie をお借りしているのですが、 Talkie はソースを丸っと落として index.html を編集する必要があります。

Markdown だけ記述してコマンド一発で起動できるようにしたかったので talkiego を作りました。

Read more

Share Comments

CA.go #1 で sync.Pool について喋りました #ca_go

1ヶ月ほど前になってしまいましたが、 CA.go #1 - connpass にてメモリ効率を瀑上げする sync.Pool について話をしてきました。

Read more

Share Comments