GitHub Enterprise でも hub コマンド を快適に使う alias設定

git コマンドを拡張して GitHub の Pull Request もコマンドラインから行える hub という Wrapper コマンドツールがあるのですが、 GitHub Enterprise で快適に使うには別途 alias を指定したほうが良かったので備忘録です。

hub コマンド

hub の公式ページ を見ていただくのが一番早いですが、ざっくりいうと

alias git=hub

のように設定することで

$ git browse

で今いるリポジトリの GitHub リポジトリをブラウザで開いたり、

$ git pull-request

でコマンドラインからプルリクを送れたりします。

hub + GitHub Enterprise

hub コマンドを GitHub Enterprise で使うには

$ git config --global --add hub.host ghe.my.org

で GitHub Enterprise の host を指定すればいいのですが、これだと全 hub コマンドが GitHub Enterprise を見てしまうので実行時に

$ GITHUB_HOST=ghe.my.org git pull-request

のようにパラメータを指定してあげると一時的に GitHub Enterprise へのリクエストにすることができます。

毎回パラメータを設定するのは手間なので、 alias を設定するのがおすすめです。

alias ghe='GITHUB_HOST=ghe.my.org git'

.zshrc に直接設定すると dotfiles を GitHub 管理している人は GitHub Enterprise の host が見えてしまうので dotfiles 管理外に .zshrc_local を用意して .zshrc から source .zshrc_local する方がいいかと思います。

以上

コマンドラインからプルリクを送れるようになるとライブラリの更新などをシェルスクリプトでぶん回せるようになるので捗りますね。

Share Comments
comments powered by Disqus